乳首の黒ずみ対策を紹介

乳首の黒ずみ対策してないの??
女性にとって乳首の黒ずみは見た目の悪さや老けた印象を感じがちです。衣服との摩擦や加齢、授乳経験などによってピンク色だった乳首が徐々に黒ずみ、コンプレックスを抱えることは多いでしょう。

乳首が黒ずんでしまう原因の一つに乳首の乾燥があります。乳首が乾燥することによって見た目が悪くなってしまうので、保湿を行ってあげることで防ぐことが可能です。

また他の原因として、加齢や妊娠、出産などもあります。これは女性ホルモンが大きく関係して起こります。

年を重ねるにつれて肌のターンオーバーが遅くなってきます。
その結果、古い角質細胞などとともに「メラニン色素」が肌に残ってしまい色素沈着を引き起こしてしまいます。
肌のターンオーバーの一般的な周期は28日とされていますが、40代後半から50代くらいになると肌のターンオーバーの周期は40日ほどかかるようになると言われています。

本来であれば自然に角質層から徐々に剥がれ落ちていくはずのメラニンを含む古い角質細胞が、そのまま肌に残ってしま為に黒ずみがおこってくるのです。
乳首の黒ずみはどんな人にも起こり得ることですが、見た目が悪いと深刻に思い悩んでしまうような場合は対策法を実践してみると良いでしょう。

乳首の黒ずみ対策:クリームを使った方法

乳首の黒ずみ対策法として最もポピュラーなのはクリームを使った方法です。

乳首の黒ずみ原因はメラニン色素が皮膚の下に蓄積する事による変色なので、美白効果や皮膚の新陳代謝を高めるような成分が配合されたクリームを使うことで徐々にキレイなピンク色を目指していきます。

クリームを入手する方法として、まず簡単なのは市販品の利用です。ドラッグストアや通販を利用すれば、誰でも気になったときにすぐ利用する事が出来るのが魅力的です。

自分好みのテクスチャーや、使用感、無理なく利用出来る価格のクリームを選べば満足出来るお手入れを継続する事が可能となります。

また市販品で思ったような効果が得られない場合や、本格的な治療を受けたいと考えている人は皮膚科や美容外科などのクリニックを受診し、医師にクリームを処方してもらう方法も利用できます。市販品よりも強い成分が入っているため、肌の弱い人は特に医師と相談しながらの利用が安心です。

すぐに結果を出したくても正しい用法・用量を守って使用する事で乳首の健康を守ることが可能です。

黒ずみを改善するのは皮膚の新陳代謝が関係するため、一ヶ月や二ヶ月程度では実感するのは難しいでしょう。少なくとも半年程度は乳首のお手入れを続けて、黒ずみが徐々に改善していくのを待ちましょう。

乳首の黒ずみ対策:石鹸を使った方法

乳首・乳輪の黒ずみは、皮膚の代謝の低下によってメラニン色素の排出が滞りがちになったり、乳首や乳輪の毛穴に皮脂や汚れが詰まったままになっていたりすることなどが原因で生じているので、黒ずみを解消するには乱れた生活習慣を改善して肌の生まれ変わりをスムーズにするとともに、毎日石鹸でクレンジングをして汚れや古い角質をしっかり落とすことが大切です。

現在では皮膚の毛穴の汚れや古い角質を効果的に取り除くことができるピーリング石鹸も販売されていますが、デリケートな乳首・乳輪には適していないので、ピーリング石鹸は使用せずにキメ細やかな泡をつくることのできる泡立ちのよい石鹸を使用して優しくクレンジングするのが乳首の黒ずみ対策のポイントです。


洗うときには、まず石鹸を泡立てネットを使用してキメ細やかでボリュームのある泡をたっぷりつくり、それを手のひらにとって乳首・乳輪をのせ、手のひらで弧を描きながら泡の上を撫でるように洗っていくと刺激を与えずにクレンジングができます。
また、洗浄後は化粧水などでしっかり保湿して乾燥を防ぎましょう。

ただし、乳首・乳輪はとてもデリケートなので、石油系界面活性剤や鉱物油、パラベンといった刺激が強い化学成分が多く配合された製品を使用すると、刺激によってメラニン色素の合成が促されてしまうので注意が必要です。

現在では、こうした刺激の強い化学成分は一切使わずに、天然由来の洗浄成分や保湿成分などを配合した無添加石鹸もネット通販などで手軽に入手できるので、こうした肌に優しい石鹸を活用して乳首・乳輪の黒ずみ対策をするのがお勧めです。

乳首の黒ずみ対策:美容整形外科を利用して解決する方法

美容整形外科で受けられる乳首の黒ずみ対策法として有名なのは塗り薬を使った方法です。

黒ずみの原因となる色素沈着を解決するため、ホワイトニング効果のある成分をたっぷり配合したクリームを乳首に定期的に塗ることで、徐々にピンク色を目指すという方法です。
変化を実感するまでに個人差はありますが、ある程度長期的なプランを立てて美容整形外科に通院する事で徐々に変化が見られます。

もう一つはレーザーを使用する方法です。治療が可能な美容整形外科が多いとはいえませんが、最先端機器を取り揃えた大手の美容整形外科でなら受けることが可能な方法です。
レーザーの強い光を乳首の黒ずみ部分に照射する事により、色素沈着を徐々に改善していきます。

痛みに敏感な部分だけに、痛みや熱を感じるのではと不安に思う患者もいますが、しっかりと患部を冷却してから照射を行えば痛みや熱はほとんど感じることはありません。クリームの使用だけでは思ったように黒ずみが解消しないという人は、思い切ってレーザー治療を円筒してみても良いでしょう。
大切なのは自分の乳首の状態を医師に見せて、入念なカウンセリングで最適な対策法を選ぶことです。

おすすめサイト
石鹸やクリームを使った黒ずみ対策商品紹介サイト
 ・デリケートゾーン黒ずみ対策市販品をピックアップ!!