乳首の黒ずみとその原因:紫外線

乳首の黒ずみはメラニン色素によって引き起こされます。メラニンには紫外線によるDNAの破壊を防ぐなど外部の刺激から肌を守る役割があります。

 

メラニンが無ければ細胞が破壊されて炎症が起きるので、紫外線に当たるとすぐに火傷のように真っ赤になります。メラニン色素はターンオーバーによって消えますが、色素沈着を起こした場合はなかなか解消できません。よって乳首の黒ずみを予防するには紫外線の刺激を受けないことが大切です。

 

しかし乳首は普段は衣服に隠れるので、直接ダメージを受けることはありません。しかし紫外線は目に影響を与えます。目の細胞がダメージを受けると脳にその情報が伝わります。脳はダメージを最小限に抑えるために、メラニン色素を作るように体に命令するので、乳首もメラニン色素を作って黒ずみができます。中には衣服を通過して乳首に直接作用するものがあります。夏は紫外線予防に肌を守る日焼け止めクリームや日傘の他にも、目をケアできるサングラスを利用します。

 

サングラスでは色の濃いからといってと紫外線を遮断する能力が高いわけではありません。色が薄くてもカット率の高いものはあります。商品ごとに特徴が異なるので、購入する時は必ず紫外線透過率を確認します。生まれつき肌が白い欧米人は、夏にサングラスを着用するのが一般的です。オーストラリアでは小学生がサングラスを使うのを義務付けており、自然とメラニン色素の生成を防いでいます。